脂漏性角化症に悩まない!【最新医療で老人性イボを解消】

病院

がん細胞のみ破壊する治療

医療器具

免疫療法で注目の治療法

がんの治療には標準治療というのがあり、外科的手術、化学療法、放射線療法の3つの治療法です。それに加えて最近注目されているのが第4の治療法といわれる免疫療法です。免疫療法というのは人間が生まれつき持っている免疫力を高めてがん細胞をやっつける治療法です。免疫療法にもいくつかの種類がありますが、特に注目されているのが樹状細胞療法です。これは免疫細胞の1つである樹状細胞の働きを利用したワクチン治療です。従来の標準治療ではがん細胞を破壊すると同時に正常細胞まで傷つけてしまうという副作用があります。樹状細胞療法の場合はがん細胞だけを破壊するという工夫がなされています。樹状細胞は体内に侵入した異物の特徴を攻撃する役目の細胞に伝える働きをします。この働きを利用して、樹状細胞はがん細胞の情報を攻撃役の細胞に伝え、がん細胞だけを狙い撃ちにするのです。

樹状細胞の特性を利用する

樹状細胞というのは元々数が少ないので、患者から樹状細胞の元になる細胞を取り出し、体外で培養してから体内に戻すのです。この時にがん細胞の目印を与えます。これが樹状細胞療法のやり方です。この治療法の注意点は、がんの目印にするため手術などで取り出したガン組織が必要になるという点です。そして1センチ以上のがん組織が必要なのです。また直接がんに注入する方法では、注射できる部位にあるがんだけが対象になります。例えば頭頸部がん、乳がん、悪性リンパ腫などです。食道がんや胃がんは内視鏡で直接注射することができます。このように樹状細胞療法ではある程度治療できるがんが限定されますが、効果的にがん細胞だけを攻撃できるという従来の治療法にはないメリットがあります。

Copyright© 2016 脂漏性角化症に悩まない!【最新医療で老人性イボを解消】 All Rights Reserved.